7月6日の‘’パンドラの鐘’’、観に行きました。KURIの曲、流れていました。
7月6日(日)に横浜でおこなわれた劇団蒼生樹の演劇の公演を観に行きました。
ある音楽祭をきっかけにここの団員の方がKURIの音楽を気に入ってくださって今回の演劇’’パンドラの鐘’’(野田秀樹作のオープニングと、内容の中心的シーンでの挿入曲として’’風の舞’‘そしていにしえ’’を使って下さった。

何が感激したって,まず,役者さん達の真に迫る演技に感激!そして、一番いいシーンに流れてくる曲、、、それがKURI の曲、、。役者さんの演技とバックの音が,シーンがぴったりきていてとても嬉しかったです。
内容はというと、、、かなり難しいテーマでしたが、
古代と現代未来をつなぐ鐘、,,永遠の人間のテーマである問題を映し出している、そういう場所も時代も超えた所でKURIの曲,しかもタイトル’’いにしえ’’が、使われたのはすごい嬉しい事でした.ありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | by スタジオKURI
* Comment *









* Trackback *
http://kurinews.studiokuri.com/trackback/940539
[ 最近の記事 ]
[ カテゴリー ]
[ 月別 ]
[ コメント ]
  • トリニティルーツ イン パントマイム(名古屋)
    YATA (07/01)
[ プロフィール ]
[ RSS/ATOM ]
[ モバイル ]
qrcode